スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
戸籍謄本。
相続が起こって

誰が法定相続人かを確認するには

通常、戸籍謄本を取得します。


一生分の戸籍です。


どこに戸籍があったかなんてお亡くなりになった方にしか

分からない場合がほとんどなので

亡くなったことの記載がある謄本(除籍の記載がある謄本)に

その前にどこに戸籍があったか記載があるので

それをひとつずつ、たどって

生まれるまでさかのぼるしかありません。

・・・けっこう大変な作業です。


なんで大変かというと

昔の戸籍謄本は読みにくいので(手書きで昔の漢字をつかっている)

どこにいつその前の戸籍から転籍してきたのか読みにくいのです。

しかもいくつも色々な箇所に転籍していると

沢山の役所に問い合わせをしなければなりません。


相続手続支援センター神奈川では

その大変な作業をお任せいただくことができます。

私どもは専門家です。

どうぞ、ご相談くださいませ☆



・・・けっこう予想しなかったご家族(法定相続人)が

戸籍謄本によって発覚したりします。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ




スポンサーサイト


テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

未分類 | 18:35:47

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。